CentOS@jenkinsを導入するよ!


はじめに

みなさんこんにちは。のぶです。
今回はジェンキンス(jenkins)です。

ジェンキンスは仕事でも使用しているのですが、何かと便利ですよね!
ボタンをぽちっとクリックすると、gitに置いてあるソースコードを自動でテストしてくれて
サーバーに自動でデプロイ。
そのまま動作確認ができるという・・・
なんと便利な!

しかも、プログラミングを書いて、gitプッシュをするだけでデプロイが出来るようにも設定できるんだとか。
なんと便利な!

ということで自前のCentOSに構築したいと思います。

jenkinsのインストール

jenkinsを動かすためには、java6以上が必要なんだとか。
というわけでまずはjavaをインストールしておきます。 今回はjava8!なういですね。

Java8をインストール後、yumでジェンキンスをインストールできるようリポジトリ情報を追加しておきます。

yum install wget java-1.8.0-openjdk
wget -O /etc/yum.repos.d/jenkins.repo http://pkg.jenkins-ci see here now.org/redhat/jenkins.repo
rpm --import http://pkg.jenkins-ci.org/redhat/jenkins-ci.org.key

jenkinsのポートを変更する

自前のCentOSちゃんでは、いろいろとポートがかぶってしまっているので、
jenkinsのポートを変更します。

vi /etc/sysconfig/jenkins


JENKINS_PORT="(使用したいポート番号に変更)"
JENKINS_ARGS="--prefix=/jenkins"

JENKINS_PORTを変更することで、使用するポートを変更できます。
JENKINS_ARGSは、ジェンキンスにアクセスするURLを変更することができます。
上記のように書くと、アクセスするURLが http://自分のドメイン:指定したポート/jenkins になります。

あとは、自動起動の設定をして
ジェンキンスを起動するだけ!!

chkconfig jenkins on
service jenkins start

http://自分のドメイン:指定したポート/jenkins

にアクセスできましたでしょうか。
めちゃくちゃ簡単ですよね!!!!
これで構築は完了です。

おわりに

ジェンキンスを構築することはできましたが、便利に使いこなすにはまだまだ設定等が必要です。
少し長くなりそうなので、一旦ここで終わりにして、次回に持ち越したいと思います。

gitプッシュでデプロイを夢見て、まだまだジェンキンス構築は終わらない!!

以上です。ありがとうございました。

参考にしたサイト

Leave a Comment.