CentOS@jenkinsを導入するよ!


はじめに

みなさんこんにちは。のぶです。
今回はジェンキンス(jenkins)です。

ジェンキンスは仕事でも使用しているのですが、何かと便利ですよね!
ボタンをぽちっとクリックすると、gitに置いてあるソースコードを自動でテストしてくれて
サーバーに自動でデプロイ。
そのまま動作確認ができるという・・・
なんと便利な!

しかも、プログラミングを書いて、gitプッシュをするだけでデプロイが出来るようにも設定できるんだとか。
なんと便利な!

ということで自前のCentOSに構築したいと思います。

jenkinsのインストール

jenkinsを動かすためには、java6以上が必要なんだとか。
というわけでまずはjavaをインストールしておきます。 今回はjava8!なういですね。

Java8をインストール後、yumでジェンキンスをインストールできるようリポジトリ情報を追加しておきます。

yum install wget java-1.8.0-openjdk
wget -O /etc/yum.repos.d/jenkins.repo http://pkg.jenkins-ci see here now.org/redhat/jenkins.repo
rpm --import http://pkg.jenkins-ci.org/redhat/jenkins-ci.org.key

jenkinsのポートを変更する

自前のCentOSちゃんでは、いろいろとポートがかぶってしまっているので、
jenkinsのポートを変更します。

vi /etc/sysconfig/jenkins


JENKINS_PORT="(使用したいポート番号に変更)"
JENKINS_ARGS="--prefix=/jenkins"

JENKINS_PORTを変更することで、使用するポートを変更できます。
JENKINS_ARGSは、ジェンキンスにアクセスするURLを変更することができます。
上記のように書くと、アクセスするURLが http://自分のドメイン:指定したポート/jenkins になります。

あとは、自動起動の設定をして
ジェンキンスを起動するだけ!!

chkconfig jenkins on
service jenkins start

http://自分のドメイン:指定したポート/jenkins

にアクセスできましたでしょうか。
めちゃくちゃ簡単ですよね!!!!
これで構築は完了です。

おわりに

ジェンキンスを構築することはできましたが、便利に使いこなすにはまだまだ設定等が必要です。
少し長くなりそうなので、一旦ここで終わりにして、次回に持ち越したいと思います。

gitプッシュでデプロイを夢見て、まだまだジェンキンス構築は終わらない!!

以上です。ありがとうございました。

参考にしたサイト

独身必見!婚活のためのWebAPI!!


この記事は、株式会社バルテック アドベントカレンダー用の記事となります。よろしくお願いします。

はじめに

みなさんこんにちは。
バルテック入社2年目の前原(のぶ)です!

最近、WebAPIについて調べる機会があり
おもしろいAPIを発見したので、紹介したいと思います。

そもそもWebAPIとは??

WebAPIって、聞いたことあるけどどんなものかわからない。。
という方もいるのではないでしょうか。

ざっくり説明すると

Web上で使用できる、誰かが作った便利な機能

のことです。
はい、ざっくりすぎますよね。

詳しく知りたい方は下記リンクか、グーグル先生に問い合わせましょう。すみません。。
<a href="http://e-words find out.jp/w/Web_API.html" target="_blank">Web API 【 Web Application Programming Interface 】

合コンサーチAPI

今回紹介するAPIは、合コンサーチAPIというものです。
これは、リクエストをURLに送ると
婚活パーティーがどこで・何時に・予約状況は?・内容は?等のデータを返してくれるという、WebAPIとしては非常にシンプルなAPIです。

簡単に使えて、婚活パーティー情報を取得できる!!
独身の身ならこれは使うべき!

ということで簡単にプログラムを組んで、実際に合コンサーチAPIを使用したWebアプリケーションを触ってもらいたいと思います。

合コンサーチAPIデモ

・・・
・・

Jquery + Ajaxでかっこつけて意気揚々とプログラムを組んでいたのですが
クロスドメイン制約というものに引っかかってしまったので
急きょPHPで実装しました。
下記リンクにデモを置きましたので、使ってみてください。

 合コンサーチAPI demo 

おわかりいただけたでしょうか。
都道府県を選択して、検索するボタンをクリックすると、婚活パーティー情報が表示されるはずです。

今回使用したPHPのソース(一部省略)はこちらです。

// POSTでデータが送信されたら
if(!empty($_POST['pref'])) {
  $pref = $_POST['pref'];

  // GETパラメータで都道府県を指定する
  $url = "http://goucon.jp/top/api/get?results=3&pref=" . $pref;

  // PHPで送信するcurlの準備
  $curl = curl_init();
  curl_setopt($curl,CURLOPT_URL,$url);
  curl_setopt($curl,CURLOPT_RETURNTRANSFER,true);

 // curlを実行・レスポンスを受け取る
  $response = curl_exec($curl);

  // 返却されたxmlを格納する
  $result = simplexml_load_string($response);
}

GETパラメータで取得したいデータを指定してあげて(ここでは都道府県)、その後、curlコマンドを実行しAPI側にリクエストを送信 → レスポンスを受け取っているのがわかります。
これが一般的で、最もシンプルなWebAPIの使い方となります。

JqueryとAjaxで作ってみる

かっこつけてJquery + Ajaxで実装しようとすると、以下のようになります。(*注意* きちんと動作しませんがイメージとしてはこんな感じ)

<script>
$(document).ready(function($){
  $pref = $('[name=pref]');
  // セレクトボックスが変更されたら
  $pref.change(function() {
    // 選択された値を取得
    var prefVal = $pref.val();
    var url = "http://goucon.jp/top/api/get?results=3&pref=";
    var result = "";

    // 非同期通信でリクエストを送信
    $.ajax({
      type: "GET",
      url: url + prefVal,
    }).done(function(data) {
      result = data['result'];
    }).fail(function(data) {
      alert("データを取得できませんでした!");
    });
  });
});
</script>

こちらも、PHPで実装したやり方と同じで
GETパラメータを設定し、その後リクエストを送信 → レスポンスを受け取っています。

簡単ですね!!!!!!!!!

おわりに

今回紹介した合コンサーチAPIの他にも、ネット上にはいろいろなWebAPIが転がっています。
自分が興味のあるWebAPIを探し出し、それを使用してWebアプリケーションを作ってみるのもいいかもしれません。

また、WebAPIを使用する際は
各API毎に、守るべき注意事項がありますので、それに従って使用しましょう。(大体APIのドキュメントに書いてあるはず)

と、いうわけで今回は以上となります。
ここまで読んでくれた皆さま、ありがとうございました!

参考にしたサイト

Vagrant@WindowsでCentOS6.6の環境を構築!


はじめに

さあ開発を始めよう!!!
と、思い立ってごりごりプログラミングを書いていたのですが
コードを書く → サーバーにアップする → 動作確認 → エラー発生 → 修正 → サーバーにあpp.....

このループがめんどくさくなりました。
やっぱりローカルで1度確認したほうが効率いいですね。

ということでVagrantを構築したいと思います。
ローカル確認をするだけならXamppでもよかったのですが、
Vagrantなら一緒に開発をしている仲間と簡単に開発環境を共有できるメリットがあるので今回はVagrantにします。

って言ってもぼっち開発なんですけどね!

Vagrantを構築

必要なものをダウンロード

以下のサイトからVagrantと、VirtualBoxをダウンロード・インストールしておきます。
DOWNLOAD VAGRANT
Download VirtualBox

その後コマンドプロンプトを立ち上げ、作業フォルダまで移動します。

作業フォルダはvagrantとします。

cd c:\Users\○○(自分のユーザー名)\Desctop\
mkdir vagrant
cd vagrant

Boxの追加

VirtualBoxにBoxを追加します。
githubに、CentOS6.6用のBoxが用意されているので、ありがたく使わせていただきます。

vagrant box add centos66 https://github.com/tommy-muehle/puppet-vagrant-boxes/releases/download/1.0.0/centos-6.6-x86_64.box
vagrant box list

ボックス一覧にcentos66が表示されていれば追加完了です。

Boxの名前を変える

次はBoxの名前を変えます。
centos66のままでもいいのですが、味気ないので・・・
開発現場などではプロジェクト名にしたりするのかなと思います。

cd c:\Users\○○(自分のユーザー名)\.vagrant.d\boxes\
mv centos66 (変更したいbox名)

Vagrantの設定と起動

vagrantフォルダに移動し、VagrantFileを生成します

cd c:\Users\○○(自分のユーザー名)\Desctop\vagrant\
vagrant init (変更したbox名)

生成されたVagrantFileを編集します。
テキストエディタか、もしくはVimが入っていればVimで編集しましょう。

SSH接続の際に使用されるユーザー・パスワードの設定は vagrant/vagrant
使用するメモリサイズの設定は 1024MB、
ローカルネットワークのIPアドレスの設定は 192.168.33.29 で、
仮想マシンに接続するためのIPアドレスを指定しています。

また、今回は設定してませんが
VagrantとWindowsの共有フォルダの場所もVagrantFileに記述することで変更できます。

# -*- mode: ruby -*-
# vi: set ft=ruby :

Vagrant Read Full Report.configure(2) do |config|
  config.ssh.username = "vagrant"
  config.ssh.password = "vagrant"
  config.vm.box = "(作成したBox名)"
  config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.29"
  config.vm.provider "virtualbox" do |vm|
    vm.customize ["modifyvm", :id, "--memory", "1024","--cpus", "2", "--ioapic", "on"]
  end
 
end

その後、vagrant up で仮想マシンを立ち上げます。

vagrant up

はい、立ち上がりましたでしょうか。
僕は、Virtual Box をインストールした後、PCを再起動していなかったためにエラーが出ていました。。。
最後の行にrun とか表示されていたら成功です!

Vagrantのコマンド一覧

無事Vagrantを起動することができたら、vagrant ssh で仮想マシンにssh接続できます。
vagrant sshができない場合は、tera term等で接続しましょう。

以下、Vagrantで頻繁に使用するであろうコマンド一覧です。

コマンド 詳細
vagrant up vagrantを起動する
vagrant halt vagrantを停止する
vagrant ssh vagrantにssh接続する
vagrant reload vagrantを再起動する
vagrant package オリジナルのBoxを作成する

おわりに

Vagrantは、簡単に導入出来るし便利ですよね!
個人で勉強に使ったり、チーム開発するときに使ったり・・・
いろいろな場面で活躍できます。
まだ使ったことがない人は是非!!!

というわけで今回は以上となります。
ありがとうございました。

参考にしたサイト